【2020.01】今月の買って良かったモノ

エッセイ

毎月の終わりにまとめる「今月の買って良かったモノ」ランキング。

ガジェットから生活用品まで、1ヶ月のうちに買うものは様々。そんなたくさんの”買ったモノ”の中から本当に「買ってよかった」と感じたトップ”3つ”のモノを紹介していきます。

 

今年初めての振り返り。あまりモノ自体を買っていなくて、お財布には優しいけど執筆には厳しい状態です。

スポンサーリンク

買って良かったものランキング

No.3「タブレットスタンド プロオットマン用」

近頃の悩みが、肩こり。一時期は良くなったものの、長時間のデスクワークで疲労が蓄積して肩こりが再発してしまいました。根本的な原因として、デスクと椅子の高さがあっていないため、1日中腕を浮かしたような形で作業することになるから。

 

そこで、前々から欲しかった「スタンディングデスク」の導入を考えたりもしたものの、調べると合計10万円くらいで金額的なハードルが高い。別の方法を考えた結果、以前購入したチェアのオプションで使える「タブレットスタンド」を購入しました。

リクライニングを倒した状態で読書やPC作業ができるようになって快適そのもの。使用中は筋肉の強張りも減ったので、肩こりもなくなったような気がします。ただ、手前に引き寄せられなかったり、角度調整機能が弱かったりするので大満足かというと…。この不満点のために結局デスクでの作業になってしまうので、どっちにせよスタンディングデスクの導入が近そうです。

No.2「MacBook本革スリーブ」

以前、「愛着の湧く季節。PRESSo使い始めて3ヶ月レビュー」でも紹介したPRESSoという財布。本革仕様なこともあって、使うごとに艶が出てきたり、手に馴染んできて愛着がわくモノでした。そこから本革の良さを知ってしまって、なるべくのものは本革を使うようにしています。

その流れで、新しくPCスリーブも革にしてみました。財布と同じ「drip」が出すケースの購入と迷ったものの、値段とデザイン的に満足がいかなかったのでAmazonで見つけた「ハンドメイド本革」を購入。

 

約5000円と安めの価格設定ながら、上質な仕上がりになっています。カスタムオーダーで縦入れにも対応してもらって、とてもコスパの良いスリーブを手に入れることができました。触るとわかる本格感で鞄から取り出す度に満足感を感じることができます。

No.1「HHKB Professional HYBRID Type-S」

結局「HHKB」になりました/キーボード探しの旅」で紹介した通り、ここ1年ほどHHKBという高級キーボードを使用していました。「静電容量無接点方式」という構造を採用していて、スコスコとした独特な打鍵感が特徴的です。

ライターとして働いていたり、ブログなど文章を書く機会も多いので、キーボードはいわば商売道具。投資の価値もあって、昨年購入したモノの中でもかなり満足感のある購入品になりました。

 

しかし、購入後に最新型のHHKBが発表されて、そちらだと有線接続/電源供給などの待望の新機能が搭載。特に不満があった訳ではないので購入には悩んだのですが、「毎日使うものだし」ということで新しく3.5万円をかけて購入しました。

所々の変更点はあるものの、打鍵感などは大きく変わることもなかったので使い心地はほぼ変わらず。ただ、有線接続によって安定性が上がったので購入して良かったと言い聞かせています。

スポンサーリンク

まとめ: 来月頑張る

 

欲しいものは買い揃えた感じがしていて、現状あまり大きな欲しいものが見当たりません。強いて言えば、「スタンディングデスク」が欲しい。2021年に入ってから特に肩こりがひどくなったような感じがしていて、姿勢を自由に調整できるようになるスタンディングデスクが欲しくなってきました。

そのために元使ってたデスクの処理、配線整理、セットアップなど…色々とやることがあって面倒くさい。頑張って3月くらいを目指して、理想のデスクを作り上げていきたいと思います。

エッセイ
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
最新情報と追加情報をお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします‼︎
Hayarism