コレ以外はキーボードにあらず。HHKBの6ヶ月のレポート

キーボード

この3万円のキーボードを使ってしまったが最後。世の中のキーボードは「HHKBかそれ以外」になってしまいました。

 

以前「結局「HHKB」になりました/キーボード探しの旅」でも紹介したように今年の初めに最高峰キーボードとも言われる『HHKB』を購入してから、6ヶ月ほど経過しました。

最初こそ「そうでもないなぁ…」なんて思っていましたが、今や「これ以外ないなぁ…」という状態になるくらい気に入っています。そこで今回は、このキーボードの魅力をより多くの人に広めるため、正直に感じた「良いところ・悪いところ」を紹介していきます。

スポンサーリンク

初めてのHHKBからの経過

購入は悩んだけどやっぱり買ってよかった

購入したのはPFU『HHKB Professional BT 無刻印/白(英語配列) PD-KB600WN』というモデル。写真をみれば明らかなように、キーの刻印が全く無いミニマルなデザインになっています。

以前「1,000円でMacキーボード無刻印化してみた」でも書いたように、刻印の煩雑さにイライラして表面を塗装してしまうくらい「無刻印」を求めていました。そんな自分にとって、この攻めたデザインは理想の形。当時3万円というキーボードにしてはあまりにも高すぎる金額に悩みに悩んだ結果、最終的に購入を決めました。

初めての完全無刻印キーボード。最初こそタイピングミスも頻発して”打つこと”自体が大変でした。それでも、もともと「タッチタイピング」はマスターしていたので、独自のキー配列に指も慣れ始めた1ヶ月目を境に徐々に問題なく使用できるようになっていきました。

 

とはいえ、文字のタッチタイピングはできても「数字・記号のキー配置」がなかなか把握できず、仕事の効率が低下するくらいにミスタイプを連発。その対策として、一部のキーを別売の『ブラックキーキャップ』と取り替えてタイプミスを防いでいます。例えば、4のキーをブラックにして前後の数字を把握しやすくするようなイメージです。

白で統一されたミニマルさが損なわれてしまう感じもしますが、背に腹は変えられない。この方法でだいぶ快適性は上がりました。

快感すら覚える打鍵感

「朝起きて、パソコンをスリープから解除するためにHHKBをカチャ。メール・ウェブブラウジング・記事執筆…」は毎日のルーティーン。最低でも1日に12時間以上は触っているからこそ”良いモノ”を使いたくなります。

HHKBが搭載する「静電容量無接点方式」が生み出す独特のスコスコ感。これが1番の特徴であり、最高のキーボードたる所以です。正直なところ、使い始めて3日くらいは「何だこれ。全然良くない…」という感想でしたが、4日目には自然と指がこの打ち心地を求め出して、7日目にはHHKB無しの生活には戻れなくなってしまうくらいでした。

 

「ぜひお店で試してみて欲しい!」と言いたいところですが、家電量販店での取り扱いはかなり限られていて、ごく一部のお店でしか現物を触ることはできません。

しかも、HHKBは最低でも3日間使わないと良さが分かってこないと感じているので、お店で触ってみたところで本来の魅力を知れるかというのも微妙なところ。初期投資は高くなるけど、Amazonで購入して試してみるのが、一番の方法だと思います。気に入らなかったとしても「メルカリ」を使えば2万円前後で売れるので、少しリスキーですがこの方法がオススメです。

ちょっと重い…

使っていて最も気になったのが「重量感」です。一般的なキーボードを想定していると、予想以上の質量に驚くはず。

製品ページによる公式重量は540g。これに単三電池が2本入るからトータル約600gになるし、かなり段差があってリフトレフトも欲しくなるので、一式でいうと「700g」くらいの重量になります。もちろんキーボードだけでは、何もできないので、例えば『iPadPro 11インチ』を合わせると1.3kgくらい。『MacBookPro 13インチ』も同時に持っていくとなると計3kg超えになります。

購入して間もない頃は、近くのカフェや学校にも持ち運んでいましたが、明らかに重かった。明らかにこのキーボードセットが原因だったのですが、1日の終わりには肩がバッキバキになっていることも多々ありました。

ということで、さすがに今は持ち出す機会もだいぶ減って基本的に自宅専用に。それでも、ライター業務で出社するときや旅行など長時間キーボードを使う機会がある場合には、必ず持ち運ぶ必須アイテムです。

タイピングしていると舌打ちが聞こえてくるかも

「静音タイプ」ではないこのモデルはかなりのタイピング音が室内に響き渡ります。会議の時にこれを使っていて「なんか人と目が合うなぁ…」と思ったら、間違いなくこのキーボードのせいなので注意が必要です。おそらく、無対策で使えるのは、自室とか完全にクローズドな部屋にいる時だけ。

 

なんとか外出先でも使いたかったので、対策として『Oリング』というゴムを噛ませてみました。結果として、70%くらい静音化に成功して、カフェで使っていも「ギリギリうるさい」くらいで済むようになったので一安心です。「キーキャップを全て取り外す」などの手間のかかる工程が必要なので取り付けに1時間くらいかかりますが、リング自体はAmazonで1000円くらいで購入できたので、コスパはとても良いと感じました。

他のブログ記事・YouTubeでもたくさん取り上げられているので、やり方に困ることはないかと思います。

HHKBをOリングで静音化してみてた。カチャカチャ音が小さくなった | キャッチャーの日記

 

ちなみに今では、最新モデルの『HHKB Professional HYBRID Type-S 無刻印/白(英語配列)』があり、このモデルならば初めから「静音化」が施されています。通常モデルに比べて高くなるけれど「USB-C接続・充電」などの新機能も備わっているので、今買うなら間違いなくこちらをオススメします。

独自配列は難ありだけど慣れる

右下のFnキーとの同時押しが必要

購入前に最大の懸念点だったのがHHKBの「独自配列」です。

まず、第一に「矢印キー」がありません。矢印キーを使用するためには「Fnキー」と「特定のキー」を同時に打つ必要があったり、それ以外にも「Deliteキー」が2段目についていたりなど所々に独自配列があるので、完全に配置をマスターして、完全に問題なく使用できるようになるまでには2ヶ月はかかりそうです。

 

最初は「使いにくいなぁ」なんて思っていましたが、HHKBの魔力も手伝って、毎日使うようになるので「独自配置」に関しては自然と覚えることができました。こういうものは”慣れ”の問題になると思うので、その点で心配は不要かと思います。

チャタリングがたまに発生

接続方式が旧式の「Bluetooth 3.2」で伝達性能が貧弱なのか、たまに『チャタリング』が発生します。チャタリングとは何かというと「例えばあああああああああああああああああ…」みたいに操作が効かなくなって、文字が永遠と続くような状態のこと。

接続を解除して、再接続すれば戻ることが大抵ではありますが、1ヶ月に2~3度発生することもあるので、これはぜひ改善して欲しいポイント。新型『HHKB』ではUSB-Cでの有線接続&給電も可能になったので、この問題に関しては解決されているかも。

スポンサーリンク

まとめ: 1日1,000字以上ライピングするなら買い

既に今年のベストバイランクインです。

初期投資はかかるけどコスパはかなり良い。最新型に買い換えようかな…

とにかくHHKBは魔法。1度使ったら「HHKBかそれ以外か」になるのは体感できるかと思います。

値段が高いから最初の壁が高いのは理解できるけど、これに関しては今まで使ってこなかったことを後悔させてくれるクオリティーです。ブロガー・ライター界隈の人など、1日に何千字も文字を打ち込む仕事の人は購入して問題はないと思います。

.

実はこの『HHKB Professional BT』を購入してから1週間後に新型の『HHKB Professional HYBRID Type-S』が発売されてしまいました。Bluetoothなど全般の機能がアップデートされているし、何より有線での接続に対応しているのでかなり魅力的。打ち心地とかに大きな違いはないから悩みどころなんだけど、近いうちに買ってしまいそうです。

キーボード
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
最新情報と追加情報をお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします‼︎
Hayarism