今月の買って良かったモノ 2020.8月

エッセイ

毎月の終わりにまとめる「今月の買って良かったモノ」ランキング。ガジェットから生活用品まで、1ヶ月のうちに買うものは様々。そんなたくさんの”買ったモノ”の中から本当に「買ってよかった」と感じたトップ”3つ”のモノを紹介していきます。

 

季節が過ぎるのは早いもので、もう8月も終わり。家から出ない生活のせいもあっていつものような季節感を感じることもなかったし、ただただ2ヶ月近く冷房の効いた部屋でずっと過ごしていたような気も。

そんな生活だから、自然と家の中のモノへ投資が進んでいくわけです。

スポンサーリンク

買って良かったものランキング

No.5「ergohuman PRO OTTOMAN」

先月の「今月の買って良かったモノ 2020.7月」でも”買う”と予告した『エルゴヒューマン』という高級オフィスチェアを買いました。

リモートワークの影響でなかなか在庫が回復せず、欲しくても「2ヶ月待ち」とかで全く購入できませんでした。しかし、欲求のあまりに毎日ウォッチしていたおかげで、入荷された隙を見逃さず何とか8月中に手に入れることができました。

 

数種類モデルが用意されているこのチェア。今回買ったのは最上位モデルの『エルゴヒューマンPro オットマン』というモノです。ほぼ唯一の違いがフットチェアがついているかどうかだけで、コレのために2万円近く値段が上がるのでコスパを考えると微妙な気がしましたが、こういう長期的に使うモノは多少高くても良いモノを買うべきという信念の元、無事一括でお買い上げです。

実際の使い心地としては、残念ながら想定よりも「肩凝りが解消されたり…」ということはありませんでした。もちろん快適性は上がってるんだけど、肩凝り・首凝りとかは椅子の問題というよりも、根本的な長時間のデスクワークが問題だと再確認。そんなこともあって、値段の割には効果を感じず、5位止まりです。

No.4「卓上マイクスタンド」

いままでの一眼レフを使った「ウェブカメラシステム」に疲れました。これまでの方法は「愛用の『初代α7』にビデオキャプチャーを挿して、露出・角度の調整など…」一度のミーティングのために5分くらいかかっていて、これが毎日だとかなり面倒。

 

とはいえ、PCインカメラの画質では満足できないので、長らく防湿庫に眠っていたSONYの高級コンパクトデジカメ『RX100M3』を常設のウェブカメラとして利用するプランを思いつきました。それにあたって三脚でカメラを立てる必要があるのですが、普通の三脚を使うとかなり面積をとってしまいます。限られたデスクスペースを活用するために「マイクスタンド」を「一脚」として代用する方法が紹介されていて、その記事に倣って組み立ててみました。

結果としては大成功。アタッチメントをカメラ穴に変換するだけで安定度抜群の一脚が完成しました。「三脚を立てる方法」と比較しても、1/3くらいの面積で設置できた印象です。

No.3 「記者ハンドブック」

ライターとして活動していると「『できます』なのか『出来ます』なのか…」みたいな表現の迷いが1日に何度もあります。このあたりは「身だしなみ」だと思っていて、一般的ではない言い回しを使っているとちょっとした恥ずかしさを感じます。

 

そんな”身だしなみ”をまとめたのが『記者ハンドブック』で新聞記者からブロガーまで必携の一冊です。

礼をあげると「頗る→すこぶる/如何に→いかに」のような、正しい言い回しが体系的にまとまっていて文章を書いている時にとても助かります。キーボードの横に置いて、気になったときにページをめくるだけで正しい表現を確かめられるのは便利。2000円くらいだし、手元に用意しておくと執筆のときに助けられます。

No.2「机上ラック」

「首が痛い、肩が凝る、腰がつらい…」とか、これら諸悪の根本が長時間に渡るデスクワーク。1日15時間近くPCを見つめる生活になると、たった「10°の差」でも疲労度がかなり変わってきます。

 

ノートPCには角度調整のスタンドをつけていましたが、メイン機『iMac』は無対策で机に直置き。おかげで1日の終わりには「ガッチガチの身体」が出来上がっています。毎日整骨院に行く時間もお金もないので、ちょっとした対策にKIRIGEN『総桐 机上ラック』購入してみました。

「コの字型」のスタンドで、使用方法は上にiMacを置くだけ。正直、気休め程度に買ったのですがこれが意外と効果覿面でした。少し見上げる高さになっただけで、首凝りが改善されて、連鎖的に肩こり・腰痛も軽減されました。「こんなに良いならもっと早く買えばよかった…」と後悔。木目もデザインも部屋の雰囲気に合ってお値段以上です。

No.1 「グレーカード」

Twitterのタイムラインで流れてきた「物撮りの基準を決める。ホワイトバランスを整える『銀一グレーカード』」という記事。ブツ撮りは基本的に白背景で行っていて、記事ごとにホワイトバランスが崩れて悩んでいた自分にとって目から鱗な内容でした。

 

上記の記事の中でも紹介されいているように『グレーカード』というカードに基準を合わせて撮影すると、同じトーンの写真が撮影できて統一感が演出できます。自分の場合、A4サイズのものは大きく感じたので、カード型のグレーカードを購入。

おかげで圧倒的に統一感が出て、一気に理想のブログ写真に近づきました。長年の悩みがたった1000円で解決してかなり嬉しい。これは今年のベストバイに入るくらいのコスパです。

スポンサーリンク

まとめ: 9月。いくぜ旅行

今月は大物も購入したけど、割と数千円レベルのモノの方がベストバイでした。やっぱり良いモノって値段ではないですね。

 

色々あった2020年も終わりが近づいてきて、今年のうちに購入しておきたいモノもありますが、1度もしていない「旅行」をしておきたいところ。世界一周用に貯めていたマイルもガッポリ残っていて、有効期限までにその消費も兼ねて、9月中にどこか旅行に行きたいと計画しています。

ゆっくり離島でドローンでも飛ばすか、オーシャンビューのホテルで缶詰になって本でも読むか…。国内という選択肢しかない今、改めて日本を見つめ返して『Googleマップ』で日本何周もしています。

エッセイ
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
最新情報と追加情報をお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします‼︎
Hayarism