【2020.06】毎日の必須アイテム。ガジェットポーチの中身を紹介

レビュー

このブログで一番最後に「バッグの中身」みたいな記事を書いたのが、2019年1月に投稿した「トバログ 的カバン紹介『ハヤリズム』増補版」らしい。

 

この記事を改めて見ると、自分でも懐かしく感じるモノもあって持ち物紹介記事のアップデートが必要だと感じました。そこで「バックパックの中身紹介・デスク周り紹介」とかも書きたいんだけど、とりあえず軽く書ける「2020年6月版のガジェットポーチの中身」から紹介していこうと思います。

取り回しの良さと利便性を両立したアイテムが洗練されてきていると思うので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

Hayarismのガジェットポーチの中身

まずガジェットポーチとして使っているのは、いつ買ったか忘れたくらい使っているペンケース。

元々は学校とかで蛍光ペンとかサブ的な文房具を入れるためのケースとして使っていたけど、「収納量・厚さ・長さ」をみても細かいモノの収納に適しているから、ここ1年はガジェット入れとして活躍してくれています。

 

Amazon・LOFTとかを見る度に、これよりも使いやすそうなポーチとかは見つけるけど、長年使っていることに愛着が湧いて、ずっと使ってしまっています。

そしてポーチの中に入っているモノは基本的にPC関連のアタッチメントが多め。MacBookProの搭載端子がUSB-Cだけになってそれ関連のモノとか、ギークな人にとっては「分かってるね〜」と言ってもらえるようなモノが揃えられているはずです。

 

▷使っているバックパックはコレ

モレスキンIDレビュー/シンプルで堅実なバックパック

Macerの必須アイテム。WポートUSB-Cハブ

「SDカードリーダー・USB-A・HDMI」そんな端子シンプルを極めたMacには存在しません。

そのおかげで「外出先で一眼の写真を取り込むこと」も「会議でスライドを出力すること」もできません。確かにシンプルで非常に洗練されたデザインになることは認めるけど、2020年になった今でも実用に耐えないレベルでシンプル過ぎる。

そんな訳で「USBハブ」は、Macの購入と合わせて買うくらいの必須アイテムです。

今まで「Mac・iPadでも使える『7in1』の万能。COMROLL Type-Cハブ」とか「ケーブルレスで、直差し。BHOMEA Type-C 6in1ハブ レビュー」とか、USBハブは紹介してきたけど、1ポート接続のハブは電圧やポート数が足りないことがあったので、結果Wポートのハブに。

USB-Cが2端子ついているので「充電しながらSDDを接続…」みたいな使い方ができて、汎用性が高いです。パワフルでスマートなデザインなので、今のお気に入り。

AppleWatcherの味方。Satechi充電ドック

AppleWatchを外で充電/Satechi充電ドックレビュー」でも紹介したこの製品。

AppleWatchのバッテリーは貧弱で、最大でも1.5日くらい。そうなると、外出先で「残りのバッテリーが10%」なんてことも多くあります。

そんな時に「あって良かった」と感じさせてくれる製品。USB-Cを搭載しているMac・iPadとかでも充電できるようになるし、シャワーの時以外は基本的にAppleWatchをつけている自分みたいなWacherにとっては必須ツールです。

フリスク級電源。Anker/PowerPort Atom III Slim

フリスクACアダプター。本当に小さい。名刺より小型でどこにでも持ち運べるサイズ感。

 

しかも30Wの高出力だからMacBookPro13インチまでなら充電が可能です。欲を言えば60Wくらい欲しいところだけど、今の技術的限界かな。ただ、コレが1つあれば外出先でスマホからPCまで対応できるから安心感が強いです。

かなりコンパクトで邪魔にもならないから、荷物を減らすという意味でもこのアダプターを愛用しています。

PowerPort Atom III Slim + Satechi USB-C AppleWatch充電ドック

コレに前述で紹介した、Satechi/AppleWatch充電ドックをつけると30分くらいで充電がMAXになる「小型高速AppleWatch充電器」になるから、かなりオススメ。

どれでも同じじゃない。Anker/Thunderbolt3ケーブル

「USB-Cケーブルならなんでもいいだろう」と思って適当に使っている人にたまにあいます。ただ、1本良いケーブルを持っているだけで優越感が違う。

 

このケーブル実に3,000円。ケーブルとしてはかなり高いけど、それだけの質があって「40Gbpsの超高速転送・PD充電対応」とか、最高級のケーブルに違いないから、USB-Cが必要なシーンで「このケーブルならやってくれる…」の心強さがあります。

50cmで短めのサイズ感だから邪魔にもならず、丸めておけば簡単にポーチに収納できるコンパクトさも嬉しいです。

SDカードリーダー 4in1

ちょっと微妙だと感じつつ、使っているのがこのSDカードリーダー。

元々は「Apple純正のSDカードリーダーを買わざるを得なかった」でも紹介した純正のリーダーを使っていたけど、1本伸びたケーブルや端子がLightningだけとかの理由もあって手放してしまいました。

 

その代わりとしてAmazonで購入したのがコレでした。1つで「USB-A・USB-C・Lightning」の端子に対応できるから、汎用性が効いて良い。

だけど、専用アプリが必要な手間とそのアプリの動作もカクカク。

 

今は旅行とかにも行けないから「すぐにiPhoneにデータを取り込んでSNSでシェアしたい」シチュエーションが少なく特に困っていないけど、近いうちに買い替えの必要がありそう。

何かと便利なノベルティー。Hayarismステッカー

自分のブロググッズがあると何かと便利。友達に配って宣伝してもらったり、取材した時にお礼として配ったり用途は色々あります。

ネットプリントで100枚3,000円くらいで作りました。台紙透明verの要望もあったから、今度印刷するときはロゴの変更とかも考えつつ複数のバージョンを作っておきたいと思います。

MacBookに付けておくと割とオシャレになるから、もし欲しい人がいれば是非声をかけて下さい。

スポンサーリンク

まとめ: もう少し拡充させたい

割と数は少ないね。

ポーチのスペースは余ってるから、徐々に増やしていきたい!

こんな感じで「2020.06版ガジェットポーチの中身」を紹介して見ました。改めて見ると「他にもコレが欲しいなぁ…」なんてモノがあったり、まだまだアップデートが必要そう。

 

他の人のガジェットポーチの中身記事とかを参考にしながら、生活を豊かにしてくれる良いモノを揃えていきたいと思います。

レビュー
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
ガジェットに関する無料相談受付中
お気軽にTwitterDMまでどうぞ!!
Hayarism