今月の買って良かったモノ 2020.5月

エッセイ

毎月の終わりにまとめる『買ってよかったものランキング』

「ガジェットや旅行・エッセイまでを包括し感じたリアルをセカイに伝える」がコンセプトのこのブログで、1ヶ月で買ったモノの中から本当に「買ってよかった」と思った、トップ3つのモノを紹介していきます。

 

先月に引き続き家にいる時間が多く、身の回り品のアップデートが多くなりました。特にコーヒーは良い!!もっと早く買えばよかったです。

スポンサーリンク

買って良かったものランキング

No.3「AVerMedia/Live Gamer Portable 2 Plus」

「インターン先でのウェブミーティング、大学の双方向授業、友達とのオンライン会話…」とか、人生で1番自分の顔を映す機会が増えました。

一般的には、PCのインカメラを使うだろうし、その画質に関して文句を言う人は少ないと思います。自分を除けば。

 

カメラをかじっている人間からすると、内蔵WEBカメラはクオリティーは低すぎ。露出・色味・焦点距離とかをいじれないから、白飛びとかの障害も起きるし、何よりもボケ感がないことに耐えられない。

YouTubeでみるガジェッターの方々がやっている「一眼をウェブカメラ化する」への憧れが、1日ごとに強まっていき、結局買ってしまいました。

 

Amazonで買おうとしたけど、同じことを考えている人が多いのか、全く在庫がなかったので10年ぶりくらいに近くのケーズデンキで購入してきました。

「AVerMedia Live Gamer Portable 2 Plus」というキャプチャーで、割と有名なメーカーらしくレビューもまずまず。基本的にケーブルを挿すだけで使える簡単設定は予想以上に楽で良かったです。

コレのおかげで、α7を使ったウェブカメラ環境の構築に成功しました。良くも悪くも初めてウェブ会議をする人には、ほぼ確実に「何でそんな映像キレイなの?」と言われるようになりました。

ただ、言われ過ぎて少し面倒になってきたので最近は使っていません。メルカリに出品して、現金化しようかと思うけど、今後ゲーム実況などもやりたいと構想しているので一応まだ保存中。

 

Type-Cで接続できないのが残念ではあるけど、性能自体には満足しているのでベスト3入りです。

No.2「ニトリ/ステンレスマグ」

これまでマグカップにこだわりは無く適当にAmazonで購入したサーモスの「1,000レビュー超えの実力。6時間保つ『サーモス 真空断熱タンブラー』」を使っていました。真空断熱構造で冷めにくく、温まりづらいかったので機能性は高く、特に不満なく使っていたのですが、ニトリで「ステンレスマグ」を使い始めてからは実質引退の状態です。

何が良いのかというと、まず圧倒的な”蓋”の便利さ。

蓋があるから、ゴミが入ってくることも抑えられるだろうし、保温効果もより高まります。ただここまでの理由ならば、外付けのコップ蓋とかを買えば良いだけです。このマグの最大に気に入ったポイントは、飲み口がパカパカ開くようになっていること。

「蓋を取り外して…」のワンモーションなし使える手軽さが毎日使う上べすごく便利。これまで潜在意識の中で、コップに対して抱いていた不満を全て解消してくれました。

 

自分が買ったMサイズは380mLが満水容量。ちょうど良いサイズ感なので、毎日1Lくらいのコーヒーを飲む自分には完璧。安くてかなり使いやすいので、もう1つ買おうか検討中です。

【ニトリ】ステンレスマグ Mサイズ(ブラック)通販
こちらはニトリの公式通販ニトリネット、ステンレスマグ Mサイズ(ブラック)のページです。店舗共通ニトリメンバーズカードでポイント獲得。

No.1「パナソニック/沸騰浄水コーヒーメーカー」

今月ダントツの1位だったのが、このコーヒーメーカーです。

今までの家でのコーヒーは”インスタント”がメイン。というのも「家で豆を挽いて…」のコーヒーは美味しいだろうけど、面倒になって使わなくなると思っていたから。

 

本格的なコーヒーは、マクドナルド・スターバックスとかで飲めばいいやくらいに思っていたのですが、この状況の中で店内飲食が禁止になり”コーヒー難民”と化しました。対処法として、セブンカフェのコーヒーを飲んだりもしたけど、毎回コンビニにいくのは面倒だし、自粛期間で暇なことも相まって「コーヒー沼」にハマる決意をしました。

豆は基本スタバで購入

購入に際して、絶対に面倒になるからコーヒーメーカーは「全自動」がマスト。無印の「豆から挽けるコーヒーメーカー」が気になっていたけど、あまりレビューが高くなかったため諦めて、1万円くらいで売っていたこの製品を購入してみました。

結果は大成功。どうしても、豆を粉砕する時に大きな音がしたりとかはありますが許容範囲です。豆・水・フィルターを入れれば、10分後には香り高い本格的なコーヒーが手軽に味わるようになりました。これまでのインスタントの味と比べると雲泥の差。

毎日1L飲みます

1杯あたり¥20くらいだから、自分みたいに毎日大量に飲む人ならマシン代・豆代含めてもコスパは十分。スターバックスも営業再開したことだし、来月にかけて”コーヒー豆沼”にハマっていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ: BlackBerryが欲しい…

今月はこんな感じで、出費も抑えられてQOLは爆上がりしました。

緊急事態宣言も解除されたし、来月は外出する機会増えそうだから出費が嵩みそうではあるけど…

コーヒーメーカーは本当に良かった。舌も肥えて微妙な味の違いも分かるようになってきたので、コーヒーの奥深さもよく分かってまた楽しいです。

 

追伸)今一番気になってるのが「BlackBerry」のスマホ。やっぱり物理キーボードのタイピング感は良くで、これがスマホでも楽しめればと思うようになってきました。

来月からインターン先に出社することも増えるだろうし、その間の電車移動中にスマホでブログ書いたりしたい空想が止まりません。先月iPhoneSEを買ったばかりだから、大きな出費はしたくないけど、中古で安くなってたりしたら買っちゃいそうです。

エッセイ
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
ガジェットに関する無料相談受付中
お気軽にTwitterDMまでどうぞ!!
Hayarism