Apple純正のSDカードリーダーを買わざるを得なかった

Apple

避けに避けたけど、結局購入してしまいました。

今まで写真はWiFiを使って転送、SNSでシェアしていました。でも、新しいカメラを購入してから、それが不安定で全く使い物にならない状態に。外出先でiPhoneに画像を取り入れたいことは多いし、値段とかの面でこれまで避けていたけど、面倒な接続なしにRAWで取り込めることも考えてApple純正「Lightning SDカードカメラリーダー」を購入しました。

 

ここまでLightningを恨んだ事はないくらいですが、一応ミニレビュー。

スポンサーリンク

“iPhoneだけ”にしか使えないケーブル

これまでの環境。α7で撮ってWiFiで転送とシェア

安くなっていたのでAmazonアウトレットで購入

これまでメインに使っていたカメラは「α7」「RX100M3」です。

そのカメラはWiFiが搭載されていたので、専用アプリと接続すれば、多少の面倒な操作はあるものの他の周辺機器も必要なく「写真・動画」を転送できていました。そこから、写真アプリとかLightroomを使って加工。PCを使わずにサクッと編集を完了してSNSにアップロードできる手軽さがかなり便利でお気に入りでした。

FUJIFILMのアプリが低クオリティーで困惑

状況が変わったのが「今、FUJIFILM「X100F」買いました。それについての色々」で紹介した「X100F」を購入してから。カメラ自体には満足していて、画質とか所有感は最高です。ただ、写真転送の機能が貧弱すぎて使い物にならず、外出先でのシェアが不可能レベル。

USB-Cを搭載しているMacやiPadも持ち運んでいれば、USBハブを使って画像を取り込むことも出来ますが、そのためにはカフェとかゆっくりできる環境で作業する必要もあって、軽快さには欠けます。

デジタルネイティブ世代の身としては、撮った写真をその場で読み込み、1分後にはInstagramにアップできる環境が求められます。

カバンに入っていれば便利なコトは多い

そんな理由があって購入したのが「Lightning SDカードカメラリーダー」です。説明する必要もないくらいで、iPhoneに挿せばSDカードからデータを読み込めるというもの。

Apple純正なこともあって「¥2,945」と少々お高めの値段設定。安めのサードパーティー製のモノを購入しようかとも考えましたが「不具合があって返品が必要になっても面倒だし」ということで、そこは目を瞑って安心安定の純正品の購入に至りました。

有線接続の「接続不良無し」「RAW取り込み」とかメリットもあるので、カバンに1つ入っていると便利です。WiFi転送だと接続とかの面倒なこともも多いので、挿すだけでデータ読み込める手軽さには改めて感動しました。

「Type-Cだったら」を考えずにはいられない

iPad ProはもうUSB-C

ただ、大きすぎるデメリットが「iPhoneでしか使えない」こと。iPadもUSB-C搭載になっているし、そろそろLightningが障害に感じてきました。

 

iPhoneをメイン機として使っている以上この宿命は避けられず、充電ケーブルとか”iPhoneのためだけ”に持ち歩いているモノもあります。PC・Android含めてUSB-Cが主流になっているし、2020年になっても独自規格を貫くAppleには不信感を抱きます。

Androidの高カスタマイズ性とかの魅力も大きいし、そろそろ「USB-C搭載iPhone」の登場がなければ、乗り換えも考え始めないと。

スポンサーリンク

まとめ

純正だったら、メルカリで高値で売れることも考えて購入しました。

コレのおかげで外出先でもサッとSNSに写真をアップすることができるようになりました。スマホのカメラ機能が向上したとはいえ、一眼に比べてしまうと「おもちゃレベル」の域を超えません。

個人的に「イメージセンサーがAPS-C以下のカメラで写真は撮りたくない」思いがあるし、そうなると「SDからの取り込み」の問題が発生してしまいます。

 

「ケーブル1本でなんでもできる世界」はUSB-Cのおかげで近づいているように思うし、遠くないうちにUSB-C搭載iPhoneが発売されて、最後の砦のケーブルが統一されることを願います。

Apple
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
最新情報と追加情報をお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします‼︎
Hayarism