置くだけ充電の便利さ。AnkerのQi充電パッドレビュー

レビュー

日常がちょっと便利になるスタンド式ワイヤレス充電の紹介。

iPhone8からQi(チー)というワイアレス給電の機能が搭載されて以降、一般的にもかなり普及してきたように感じます。ケーブルを接続しないで良い手軽さは、毎日使うスマホの充電には相性バッチリ。

 

僕自身、1年前くらいに購入したQi充電パッドを使って、基本「iPhone・AirPods」の充電をしています。かなり快適なので、全人類にオススメしたいくらいなんだけど、少し不満もあったので、より快適なワイアレス充電環境のために新しく「スタンド型」の充電パッドを購入しました。

スマホの充電に「Anker/PowerWave 10 Stand」が快適過ぎたので、それについて紹介します。

スポンサーリンク

Anker PowerWave 10 Standのレビュー

iPhoneは最大5W出力。簡単な仕様とか

Anker/PowerWave 10 Stand

これがその充電スタンドです。Galaxy・Pixcel・iPhoneシリーズなどQi規格に対応しているスマートフォンで使えるワイアレス充電器で、最大出力10Wの充電が可能。

ただ、iPhoneの場合は制御されていて7.5W出力までしか対応していないので、この製品の最大限のパフォーマンスは受けられないのが残念なところ。なので、iPhoneユーザーは「PowerWave 7.5 Stand」という1つ下のモデルでも性能の変化なく使えるので、そちらでもいいかもしれません。

端子は「マイクロUSB」のみ

本体のカラーはブラックのみ。表面は少しザラザラしたマットな仕上がりで、少しプラスチックの安っぽさを感じます。端子は後ろにマイクロUSBが1つだけ。頑にType-Cに対応しない姿勢に不満はありますが、時間の問題だと思って諦めます。

PowerWave 10 Stand 仕様
  • サイズ:約80 x 68 x 114mm
  • 重さ: 約108g
  • 同梱物:Micro USBケーブル(0.9m)、取扱説明書など
  • 入力: 5V-2A / 9V-2A
  • 出力: 5W / 7.5W / 10W
  • Qi認証取得
  • 10W出力急速充電: Samsung Galaxy
  • 7.5W出力急速充電: iPhone
  • 5W出力急速充電: 全てのQi対応スマートフォン

上に空間が必要なことは誤算だった

こうしようと思っていたけど、スマホがかなり置きにくくなる

大きさはスマホと同じくらいで、買う前のイメージと差異のない大きさでした。ただ、誤算だったのが「ディスプレイの真下に置けなかった」こと。

 

【レビュー】ディスプレイは偉大。Echo Show5に乗り換えてみた」でも紹介した、「EchoShow5」をモニターの下に置いてあるので、その横にこのスタンドを設置して「ガジェットコーナーとしてまとめよう構想」がありました。

ただ、高さの関係で設置自体はできるけど、かなりスマホが置き・取りにくくなってしまいます。取り出しの便利さを考えると、上にも空間が必要になってくるので、それを考慮しての事前に置き場所を考えておいた方が良さそうです。

AirPodsに定位置を奪われた

なぜ新しくQi充電パッドを購入したのかというと、今まで使ってきたQiパッドに2つの問題があったからで、1つ目が「AirPodsを買ったことでiPhoneを置く場所がなくなった」こと。

このQiパッドは「1台+AppleWatch」の充電が可能で、僕の場合「iPhoneとAppleWatch」という運用をしてきました。置けばいいだけで充電される便利さは確かなもので、これを使ってから「スマホどこだっけ」もなくなったし、「使いたい時に充電がない」状態もかなり少なくなっていました。

それくらい、愛用品にはなっていたけれど、「AirPodsレビュー/サブイヤホンとしての独立型」でも書いた通りAirPodsを購入・メインイヤホンになってから、この定位置は奪われがちに。

設定で変えられるのかもしれないけど、AirPodsって放置していると自然放電がすごくて、使いたい時に「充電0%」なことも多くて、「いざ、使う」ときのために常にQiで充電している必要があります。そうなると、枠が1つ常に埋まっている状態なので、iPhoneを置く場所がなくなってしまうという訳です。

これまでのQiパッドはズレるし取りにくかった

もう1つの問題が「平面だと当たり判定が緩くて充電されてないことが多い」こと。

iPhoneで無接点充電用のコイルが入っている場所は、背面の中心部分だけ。これの当たり判定がシビアで、置く時にズレていると充電されていないこともあるし、知らない間にモノが当たってズレていて充電されていないこともありました。

絶対にズレない安心感は強い

iPhoneさんのことを思って慎重に置かなければいけないのが毎回となると、なかなか面倒。その点、スタンド型であれば、適当でも絶対にベストポジションに置かれる気持ち的な楽さがあります。

このストレスフリー感がなかなかで、これだけのためにでも「買って良かった」と思えるくらいでした。毎日の少しのイライラを、解消できるとかなり幸せです。

こんな風に使ってます。かなり快適

Qiスタンドは、いつもサブモニターの少し前に設置してあります。ここに置くことで、無駄なスペースを上手く使えるし、通知が来たときにiPhoneに顔を向けるだけでFaceIDを使って解除できるので楽です。

帰ってきたら、財布・鍵を置くのと同時にスマホをここに置きます。スマホに定位置を与えるだけで、見失うこともないし・充電されてるしで一石二鳥。スタンドとしても、スマホが見やすい丁度いい角度で、優秀なので一石三鳥かも。

 

不満点は少ないけど、強いてあげると「充電速度が遅い」こと。iPhoneだと、ケーブル充電で最大出力18Wまで対応しているので、7.5Wが最大のQi充電だと単純計算で倍以上の充電時間がかかります。置いているだけで充電される便利さとの引き換えだと理解した上で使っているので、問題はありませんが早いに越したことは無いので、今後に期待。

スポンサーリンク

まとめ

Qiは本当に便利だから、まだ使ってない人は有効活用すべき!!

少し前までは、自分もケーブルを繋いで充電していましたが、Qiを使い始めてからはケーブルを繋ぐのすら面倒になってきました。常に充電されて「スマホに絶対バッテリーが残っている」という安心感はあるし、充電器の値段も安いので、みんながこの方式で充電するべき。

置く場所を決めているだけで、「スマホどこだっけ」がなくなるし、ついでに充電されているって最高。何のリスクもないし、とりあえず試しに買ってみても損はないと思います。

レビュー
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
ガジェットに関する無料相談受付中
お気軽にTwitterDMまでどうぞ!!
Hayarism