今月の買って良かったモノ 2020.2月

エッセイ

毎月の終わりにまとめる『買ってよかったものランキング』

1ヶ月で買ったモノの中から「買ってよかった」と思った、トップ3つのモノを紹介していきます。

スポンサーリンク

買って良かったものランキング

No.3 「Clippa」

バックパックを下ろす瞬間が少しだけ楽しみになります。まだ記事にはしていませんが、”地味”に便利だったのが「Clippa」という製品。

カフェとかオフィスとか、カバンを床の上に置いたりしていないですか? 自分の場合日常的にそういった場面は多くあって、カフェで隣の席が空いている場合は椅子の上にバックパックをのせますが、混んでいる時とかは置けないので、しょうがなく床の上に直置きするようなシーンがあります。

別にいいんだけど、好ましくはない。「床は汚いイメージがあるから、置かなくていいならば置きたくない」とは、みんな思うはず。

そんな要望に応えるのがこの製品で、輪っかになっているこれを取っ手とかに付けておく。使うときは、これを開いて机とかにかけるだけの簡単な使用方法です。かなりしっかりしてるので、かなりの重量にも耐えられるし、ストッパーがついてるので滑り落ちることもありません。

「苦手を一気に克服した」感情を抱きました。ちょっと値段が高いのがネックで、その事もあって購入を躊躇っていたのですが、買ってしまえば値段のことなんてもうどうでもいい。間違いなく「買って良かった」と感じます。

No.2 「USB-C AppleWatch充電ドック」

個人的には、なかなかの革命的な製品になった「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」

AppleWatchユーザー全員が漏れなく持つ悩みが「バッテリーがすぐ切れる」問題。大体2日間は持つバッテリーですが、2日目の午後からが微妙なラインで「残量20%で家に帰るまでバッテリー持つかなぁ」なんて事が1ヶ月に数回起こります。とはいえ、AppleWatchはかなり便利で既に身体の一部になってるので、今さら「普通の腕時計に変えろ」とかは無理なお願い。

そんな、「2日目の午後バッテリーギリギリになりがち問題」に終止符を打ったのがこの製品。AppleWatchの充電コネクターからType-C端子だけが伸びたようなこれがあれば、Type-Cが搭載されたコンピューターに接続するだけで、これまで外出先での充電が難しかったAppleWatchの充電が簡単に可能になります。

超小型の筐体なので、ポーチとかにサッと入れて置く事もできて邪魔になりません。最近ではType-C搭載のパソコン・スマホも増えてきたし、充電先に困ることは少なそう。これのおかげで、AppleWatchのバッテリー問題云々の心配は完全に消え去りました。

No.1 「単焦点レンズ AF24mmF2.8」

「これがレンズ沼かぁ…」という一抹の不安を感じながらも、一瞬でポチってた「SAMYANG(サムヤン)AF24mm F2.8」。本当に「小型軽量」は正義です。正直、3万円のこのレンズを購入したせいで、10万円のレンズ「SEL1835Z」をほぼ使わなくなりました。それくらいに使い勝手が良いです。

詳しいレビューはコスパ良の広角単焦点/SAMYANG「AF24mmF2.8」レビューと作例で紹介しましたが、アマチュアレベルで言わせてもらえば、「画質・色・解像度」とかどの点を取っても気になるところはないし、コスパを考えると最強。F2.8の明るさで24mmの広角なので、星撮影だって余裕だし、レンズが小さ軽いのでバックパックに突っ込んでお散歩カメラとしての使用も便利です。

値段も安いことだし「フルサイズEマウントで、とりあえずの広角単焦点」を探してる場合は、これ買っておけば問題ないでしょう。

就活帰り。銀座でのスナップ

暗所でもノイズは少ない

スポンサーリンク

まとめ

地味に便利な製品こそQOLをあげてくれる!!

今月は物欲があまり無くて、小物が多めでした。劇的な変化を与えることは少ないけど、生活を地味に便利にしてくれる製品も多いので小物ガジェットも好きです。

話は変わりますが、少しずつ「FujiFilmのカメラ欲しい欲」が強まってるので、来月はカメラ買ってるかもしれないです。加えて、ついに「iPhoneSE2」が発売される噂がこれまで以上に盛り上がっていて、実際に発売されると完全に買っちゃうので、来月は散財月間になりそうな予感。

次回は、「増刊号 買ってよかったものランキングBest10」になるかも知れません。

エッセイ
スポンサーリンク
---フォローはこちらから---
最新情報と追加情報をお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします‼︎
Hayarism